2009年06月06日

09’地下鉄半蔵門線の始発駅に異変

東京メトロでは2009年6月6日にダイヤ改正を実施し、半蔵門線では2つの始発駅の当駅始発電車ダイヤに大きな変更が生じました。 押上駅(当駅始発電車 増発) 平日朝は5本増加。もともと朝の当駅始発電車が多い為あまり目立った動きとはいえないかもしれません。 平日日中は12本増加。土休日は26本増加。これにより、日中の押上駅は、都区内にあるにもかかわらず、10分間隔で当駅始発電車が発車する夢のような始発駅に生まれ変わりました。 清澄白河発駅(当駅始発電車 削減) 押上駅始発の当駅始発電車が増加した分、朝ラッシュ時の当駅始発電車は減少してしまいました。昼間は押上駅始発で30分間隔の運行であった当駅始発電車は、押上駅まで延長されたため消滅してしまいました。 同じ路線に属する始発駅でも、押上駅は当駅始発電車の増便、逆に清澄白河発駅では当駅始発電車の減便ということで、当駅始発電車の増減で、両駅で明暗が分かれるダイヤ改正となりました。
posted by 始発駅 検索ネット at 00:00 | 始発駅ニュース
公共賃貸住宅 不動産担保ローン